こんにちは!

また少しご無沙汰してしまいましたが、イヤイヤのお子さんといかがお過ごしでしょうか。

東京のアラートも解除され、19日からはさらに移動も気兼ねなくできそうな雰囲気になってきて、少しは開放されていますでしょうか、ママ。

今回は、1年前、双子のお子さんたちがまだ6ヶ月くらいだった頃にイヤイヤ期のセミナーにおいでくださったママから、最近いただいたメッセージをシェアします。

みなさん、イヤイヤ期って、「イヤイヤ行動」が「目に見えてきてから」、イヤイヤ期が始まった!って思ってしまいますが、実は、その「目に見えたイヤイヤ行動は、今までの環境とお子さんの性質が掛け合わさり、熟成されて飽和して出てきた結果なのです。

イヤイヤ期、ご存じでしたら、8ヶ月以降、1歳2ヶ月までに、一旦お勉強され、それを実践してゆくと、後々結果が変わってきます。

面白いことに、イヤイヤの時期をうまく導かれたお子さんは、幼児後期以降も機嫌よく情緒が安定している傾向があるというデータがあるのです。

それでは、以下、上記ママからいただいたメッセージです。

_______________

こんばんは、くるみ先生お元気ですか?

○と★は一歳6ヶ月になりました。

公園で時々会う双子の女の子がいるのですが、なかなかやんちゃで😆お友達のおもちゃを片っ端からかっさらっていき、お母さんが返そうとすると物凄い抵抗をします。

お母さん曰く、家では双子同士で取り合って良いのにどうして外ではお友達のおもちゃとっちゃいけないのが分からないから、教えないと。

と、友達のおもちゃを取るたびに、貸してでしょ?と、教えていますが大変そうです。、

我が家は、家では一日中取った取られたで、ビービーとくに★が泣いてますが、言葉もわからない頃から、取らないよって教えたり、上手に2人で遊べた時は、褒めちぎったりしていた効果があったのか、外では無理やり友達のおもちゃをひったくるような事は今のところありません。

今日も友達のおもちゃで遊ばせて貰って返す時も、★は返すのを嫌がってどうしても離さなかったので、私が無理に返してしまいましたが、少し泣いただけで、自分で泣き止んだので、カッコいい!!!!と褒めちぎっておきました😆

そのお母さんが、家で取り合いとかしません?と聞くので、勿論しますが、介入出来る時は、上記のように言葉がわからないうちからやっていたと話したら、うちもそうすれば良かったと。。。

私なりになんとか解釈してやっているつもりですが、少しでも双子を楽に育てたいと先生のイヤイヤ期セミナーを受けましたが、受けておいて本当に良かったと思っています😆

以後省略

________________

昨今は、オンラインで気軽にセミナーを受けていただけるようになりましたので、7月か8月(ひょっとして両方?)にイヤイヤ期の対応セミナーを開催する予定です。

詳細は、間も無く再開するメルマガから、お知らせしますね!

イヤイヤは、始まる前に知識を得ておくことが、うまく乗り越える大きなコツの一つ!

心も頭脳も余裕を持って、笑顔で過ごしてゆきましょう!