初めまして!
碧音来見(あおねくるみ)と申します。
こちらのサイトで貴方と繋がれたご縁をとても嬉しく思います。

イヤイヤ期って、大変ですよね。

子供がいつも「いやーーー」で何も前に進まない。

本当にイライラするし、子供が可愛くない!なんて当たり前。

虐待のニュースを聞くと「気持ちわかるーー!!」って公言しちゃうくらい。

逆にここで、綺麗事言ってるのを見ると疑ってしまうくらいでした。

そんな私は、時代の申し子のような母ライフを送ってきました。

晩婚、不妊、高齢出産、外資の居心地いい会社を子育てのために退社、子育て起業。

文字だけ連ねるとなんとなくそれなりのライフステージを踏襲しているようですが、その中身といえば、もう七転八起。

ネガティブにいえば、「こんなはずじゃなかった」の連続。

ポジティブにいえば「愛の学びによる成長」の連続でした。

特に、妊娠後期の切迫流産での管理入院から始まり、

出産をしてからは、何をどうしたらいいのか、右も左も、

訳がわからない、記憶にもほぼ残らないくらいてんやわんやの毎日を過ごしていました。

お腹の中にいる時から会えるのを楽しみにしていた我が子は、

生まれながらにして自我のしっかりした性質で、とにかく

よく泣く、言葉を覚えてからは、なんでもヤダヤダヤダー!

なななんて、育児って過酷なんだろう。。。と、いつもため息、イライラの連続。

睡眠不足に拍車をかけて、ご飯もお風呂もトイレさえも、育児で満足にできない状態が慢性化していることに大変なストレスを抱えて過ごしていました。

産後の芸能人が復帰してTVで「育児楽しんでいますかー?」

と聞かれると「楽しんでまーーすっ!」て答えるのをみて、

「えええ???育児って楽しいんだ?!」って、初めて育児が楽しいということに気が付いたくらい。

待ちに待った我が子が今ここにいるのに、、凹んでばかりの育児生活を送っていました。

なんでこんなに子育てが辛いんだろう、、いつもそう思っていました。

私に問題あり?と最初は自分を責めたりしていましたが、次第に、起業後、発達障がい児の療育を指導するようになって、ご両親に指示の通りずらいお子さんへの対応法を指導するようになって、腑に落ちてきたのです。

あーー!子供の気質の理解とママの視点と具体的対応法でこの育てずらい状態ってなんとかなるんだ、と。

自分のせいじゃない!知識がなかっただけだったと!

それからというもの我が子をうまく導けず、泣いてばかりいたのが、それを応用することで、面白おかいしいくらい我が子を導けて子育てがとても楽になってゆきました。

それに比例して我が子を可愛い!と思う気持ちも戻ってきました!

やがて、英語で行う音楽ムーヴメント教室を運営するようになり、イヤイヤ期のお子さんたちをうまく導けずに途方に暮れているママたちを何度となく目撃するようになりました。

私は、我が子で訓練してきたので、ほぼどんな頑ななイヤイヤでも、時間さえかければ、導いてあげられる自信があるのですが、ママたちは、その術を知らず、とても困っていました。

その状況ときたら、お子さんに対する憤慨・辛抱のママのオーラが、講師の私にまで伝わってきていましたから、お子さんにも勿論伝わるレベルと思ったし、だとしたら、より関係を拗らせてしまうのをとても懸念しました。

イヤイヤ期をきっかけに、子供との関係を悪くしてしまうママも少なくないのを知っていたからです。

イヤイヤ時期のお子さんの脳の状態と指示が通りずらいおこさんの脳では、”指示が通りずらい”状況に共通の特徴があることから、イヤイヤ期のおこさんのイヤイヤに、指示の通りずらいお子さんの導き方が奏功するのは、当然のことでした。

ただ、言葉をうまく話せない時期のイヤイヤ期の子供にこの手法を使うにあたっては、課題事項もあり、これが積極的にイヤイヤ期にこの手法がに導入されていない理由でもありました。

そこで、その課題事項を解決する形に改変して、イヤイヤ期のお子さんにこの手法を使えるようにしてママたちにシェアすることを始めたのです。

この手法のベースは、医療臨床の場で長年使用されてきた実績のある安心安全のものですから、課題も解決された形で、結果は、もちろん、大成功。

すでに、70名に及ぶご両親に、この方法を学んでいただいていますが、導き方やこの時期からのママの視点が備わったことで、導くママ側の脳も前頭前野優勢に機能してるのでしょう、客観的に状況を捉えることができるようになったのです。

イヤイヤ期対応セミナーの受講者のほぼ全員のママで、子供と同じ土俵に立って「きーっ!」と感情的になることがなくなったという結果を得ています。

今、イヤイヤ期でストレスを抱えているママ、捉え方と対応を学んで怒らずに笑顔で過ごせる時間を増やしませんか?

イヤイヤ期も、上手くお子さんを導けるようになると、面白おかしく過ごせることができるようになります。

 イヤイヤ期は、子育てで試される第一関門と言われています。

この時期につまずくのは、まだまだ勿体ないです。

ぜひ、笑うイヤイヤ期をご一緒に手に入れてゆきましょう!

動画でもどうぞ!↓

_____________________

碧音来見(あおねくるみ)

親子教室ふぁいん 世田谷 運営責任者

看護師・救急救命士

高齢ママ

発達障がい児のタッチセラピー指導者

_____________________

乳幼児教室「親子教室ふぁいん」にて 700組を超える乳幼児とママの発達・成長を応援。

生まれてすぐからの親子のレッスン(ベビーマッサージ や発達・育児講座)がためになる、支えになる、レッスン内容を本にして欲しいなど、ママたちや乳幼児教室講師やから定評を得てきた。

指示が通りずらい、扱いが難しいお子さんの行動もママ自身のマインドセットとコミュニケーション手法で

可能な限りストレスレスに過ごせるようにサポート。

「うちの子大丈夫?」から「我が子がかわいすぎて……」「うちの子ができすぎて……」へ、素養を引き出してあげることで、ずば抜けた幼児後期のお子さんを数々輩出。

0歳からのお子さんを持つママたちへ、ママをさらに追い詰める「精神論」でない「視点」と「対応」で「イヤイヤ期」の笑顔を増やす講座・オンラインサロン・メルマガ・個別相談を開講中。

 ____________________

イヤイヤ期の対応倶楽部