台風、大丈夫でしたか?

被災された方々には、お見舞い申しあげます。

とにかく一刻も早い復旧を祈るばかりです。

そして、しばらくご無沙汰しておりましたが、お子さんのイヤイヤ期いかがでしょうか。

この時期の情報は、ネットでも本でも部分的なものだったり、
精神論的なものは結構あるのですが、
専門家からのアドバイスは、ママにもっと状況を理解しよう!
と母性の寛容さを期待するものが多くて

ママたちがさらにイライラ・ヘトヘトになり、
メンタル的に鬱々な状態が続いちゃったりするのです。

画像3

これまで手塩にかけてきた
目に入れても痛くない(であろう)

玉のような我が子が、ある日から、突如

「いやいやいやいあーーー」

と連呼し、次第にそれが加速し

拍車がかかった場合は、道路やスーパーで
大の字になって寝転んで大泣き
するのです。

画像4

頭を投げつけたり、そっつりかえったり、
お友達を押し飛ばしたりして、
危険を伴うイヤイヤの行動もあります。
(少々の喧嘩はしょうがないのですが、、)

あれにずっと「まともに」新米ママが
「おおらかな母性だけで」
付き合っていたら、
気がおかしくなるのもわかります。

子供が数人いれば、まだ気が紛れますが、

特に第一子だけとか、
一人っ子の場合は、それに真正面から
じっくり向き合わねばいけないので、
ずっしり、メンタルに影響がおりてくるんです。

旦那さんとの家庭不和も
ママのストレスから、この時期、起きやすい
です。

産後クラスシスに悪い影響を及ぼす大きな要因の一つです。

5年以上前の当時、乳幼児教室を始めた当時、

イヤイヤ期のママたちの「もう無理ー!という悲鳴
が、私にも幻聴として聞こえてくるかのようでした。(苦笑)

母としての理想はわかるのだけど、
では具体的にはどうしたらいいいの?

なんとかできないの?

これだ!という対応法が
なかなか世に出回っていなかったのもありました。

画像9

最近は、個人的にそれを経験したママ達が
ネットに投稿してくださったり、
経験のシェアは増えましたが。

「ワンオペ育児」や
「怒らない子育て」のせいでしょうか。

イヤイヤ期のお子さんを(怒りはしませんが)
導くことも悪!という先入観を持ってしまい
お子さんとの積極的関わりや導きがうまくいかなく
ママ自身の精神状態がストレスアウト
していったり、

この時期お子さんをうまく導けない場合で、
お子さんの「イヤイヤ行動」に拍車をかけて
情緒発達的にフラッグを上げてしまったり

お子さんのイヤイヤに怒ってしまうことに
自分をやみくもに責め続けたりする

(これ、捉え方として、ママの
自己肯定感の影響とかいう次元の枠をこえています。)
などのケースが多々ありました。

この時期が子育ての躓きとなって

子育てがやりづらくなったり、
育てづらさを感じたり、
ママが鬱々したり
イライラしたり、

こんなことを散見する状況でした。

それを、なんとかできないか、と。

そこで、何百人の乳幼児さんのご家族とおつきあいさせていただく中で、

イヤイヤ期の子育てコーチングも蓄積してきたデータがありましたので、

それを集め、

「すぐに使えてラクになるイヤイヤ期の対応」としてまとめ、

イヤイヤ行動の捉え方や具体的対応のセミナーを開始しました。

画像6

精神臨床で長年使われてきた実績ある安心の手法を、

この時期のお子さんにも使えるように応用したものだったので、

大丈夫と思っていましたが、私自身、

この手法を実際、親子の音楽教室で

使っみてお子さんたちを面白おかしく、

そして楽しく導くことに大成功しました。

20160827_030 のコピー

何回やっても、ほぼどんなお子さんでも導けました。

最初は、半信半疑で見ていたママたちの
私へのまなざしが「💗」に変わった気がします。笑

ということで、長くなりましたが、

この度、このセミナーで行ってきたことを冊子にまとめました。

画像7

全4巻、Wordで100ページを超える内容です。

今回から、月1−2のペースにて

1巻ずつこちらで読んでいただけるよう投稿します。

初回の今回は、いきなりですが、

すぐにラクに簡単にできる!イヤイヤ期の対応方法

第3巻からにしました。

第3巻は、Wordでは32ページからなるコンテンツです。

イヤイヤ期で困っていたり

これからのイヤイヤ期が心配なママ

もっともっとラクに・笑顔で・面白ろがって

この時期の子育てを過ごして行きましょう!

画像8

ママが笑顔で過ごせるイヤイヤ期の子育て

~1~6歳まで叱らずに導くためのマインドと対応方法~

第3巻(全4巻中)内容

・「その他」の対応法を学ぶ

・イヤイヤ期の根本療法を学ぶ

・イヤイヤ期のマインドセットを学ぶ

=参考=

第1巻:まえがき・それがイヤイヤ期です・イヤイヤ期の基本姿勢を身につける・お子さんをうまく導くために 

第2巻:イヤイヤ期の対応方針を固める・イヤイヤ期の基本的対応「褒める」を学ぶ・イヤイヤ期の基本対応「透明人間」を学ぶ 

第4巻:〈特別付録〉困ったときの具体的対応参考例(ママ達から頂いた実際の困りごと) あとがき・参考文献・著者プロフィール

第3巻は、こちらより読んでいただけます。